坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは、さまざまな原因により坐骨神経が刺激されることに起こる神経痛であり、起こっている症状で病名ではありません。

 

「坐骨神経痛」解剖学で名付けた坐骨神経という太い神経がお尻の筋肉を通り抜け、足に関係する神経が圧迫されることによって生じる「神経痛」を総称して坐骨神経痛と言います。(図参照)

坐骨神経が何らかの原因で圧迫される事で痛みが生じ、臀部から太ももの後ろ側にかけて鋭い痛みがあります。また、症状が深刻になると脚の痺れが徐々に下まで伸びていき、脚の指先まで痺れる場合も。

 

 

「坐骨神経痛の一般的な原因」

原因はさまざまであり

・坐骨神経の圧迫・梨状筋というお尻の筋肉が原因の圧迫

・腰部から出る坐骨神経の根の圧迫として腰部脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニア・腰椎すべり症

などがあります。

坐骨神経痛でよくみられる症状

坐骨神経痛とそれに伴う主な症状としては

  • 腰の痛み、おしりや太ももの痛みやシビレ
  • 体を動かすと痛みやシビレが悪化する
  • 痛みのため歩行が困難になる
  • 足に力が入らなくなる
  • 足の筋肉が左右で差が出てくる

坐骨神経痛は坐骨神経の走行に沿って大腿後面から足まで放散する痛みが特徴的。

一般の腰痛、腰背部痛より強い片側の下肢痛、足かつま先に放散する痛みなどがあります。

病院や整骨院などで行われる一般的な坐骨神経痛の治療法としては

  • 薬物療法(鎮痛剤、消炎剤、シップ、ブロック注射など)
  • 電気治療(低周波・干渉波・超音波・等)
  • 温熱療法(温めて血行を良くする)
  • マッサージ
  • 手術

等があります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加