けんえい治療院では柔道整復師

という国家資格をもつスタッフ

が施術を行っています。

肘内障のような幼児の肘の脱臼にも対応しております。

肘内障とはどういうものでしょう。

 

2歳~4歳位の幼児に結構

よく起こるのケガです。

 

原因として

最も多いのが幼児の手

を持った状態で引っ張って

おこることです。

 

他にも腕をつかんで

何度も持ちあげたり、

 

なかには寝がえり

で腕を捻った状態で

起こることもあります。

 

転んでてをつくのはまれで

転んで手をつかずに腕を

巻き込んでおこることはあります。

 

 

症状

まず遊んでいて

突然泣き出すことが多いです

 

腕を動かすと痛みが増すため

腕をだらんとおろして

触らせようとしません、

もしくは軽く肘を曲げて

反対の手でおさえて

お腹あたりに腕を持って

きていることがあります。

だいたいの子供さんうまく

どこが痛いか言えずに

腕のあたりを押さえたり

、肩が痛いと言ったりするので

保護者は手首とか肩のケガと

思って連絡してこられることが多いです。

 

施術はほとんど

その場で数秒の徒手整復で

回復します。

 

その後、

確認のため待合室で待機して頂くと

知らず知らずのうちに

痛めた手を使いだします。

 

しかしケガをしてから

時間がたてばたつほど治りにくく

なるので早めの受診をおすすめします。

 

その後しばらくは再発しやすいですが

子どもに遊ぶことや動くことを

制限することは難しいので

あまりアクティブに動かないよう

に数日心がけていただければいいと思います。

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加