紅葉の季節で車での長距離の移動が多くなります。長時間車に乗ていると車から降りる際に腰の筋肉が固まって腰が伸びな場面がよくありますよね。

腰痛のある方は特に感じていると思います。車に乗るとほとんどが腰が丸くなった(後弯した)状態で座っていますよねソファーの形状の問題と考えています。腰を反らせて座っている人はほとんどいらっしゃいません。

そのため長時間の乗車後に腰が伸びないのです。

職業柄、車の運転が多い人が、腰椎椎間板ヘルニアになって腰痛や足が痺れる、ぎっくり腰になったなどでLAKSHMIに来院されることが良くあります。

運転で腰を丸くさせない方法とは

こまめに体操やストレッチの時間を作る(30分に1回ぐらい)はちょっと難しいですよね。

なので腰をそらした状態を作れるアイテムを使うことが手っ取り早いでしょう。簡単なのはバスタオルを筒状にして腰の後ろに入れるです。ほかにも市販のものがありますが、LAKSHMIではMOGUビーズクッションをお勧めしています。

8の字のクッションで、真ん中のクロスした部分が腰に当たり反りを作ってくれます。

基本的に腰や背中が丸くならないように日頃からストレッチや筋トレは必要です、姿勢や身体の使い方を意識してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加