意外に知られていませんが、「ぎっくり腰」は実は腰の捻挫なのです。
腰の捻挫「ぎっくり腰」の正式名称は急性腰痛症です。

ではその腰の捻挫「ぎっくり腰」はいつ、どのような行動をとった時に起こるのでしょうか?

けんえい治療院にいらしゃる患者さんの場合はだいたい重い荷物を持ち上げた時、
ゴルフやテニスなどのスポーツで腰をひねった時などですが、いずれも不意な腰の動きをしたときが多いようです。

しかし、この他にもちょっとした行為がきっかけで発症することもあります。

くしゃみや激しい咳をした時、物を取ろうとした時、靴を履こうとした時など腰に力が入っていない状態で
「なぜ?」と思うような行動がきっかけで突然発生するケースもあります。

けんえい治療院では症状がひどい場合は無理に動かさず鍼灸など施術で効果的に症状を取っていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加