LAKSHMIにいらっしゃる方で、病院で坐骨神経痛といわれた、坐骨神経痛って何ですか?などと会話をしています。

では坐骨神経痛となんでしょうか?

一般的に足を動かしたり、皮膚の感覚などの神経は腰椎から出ている神経が関係しています。

ここから詳しく説明していきます。

 

坐骨神経は、人間の神経の中で最も太くて長い末梢神経で、腰のあたりから足の先まで伸びています。

この坐骨神経が何らかの原因で圧迫されるなどの刺激を受けると、腰・腎部・太もも・ふくらはぎ・足の先などに、鋭く電気が走ったような痛みや、ピリビリとしたしびれ、強く張っている感じなどの症状が起こります。

このように坐骨神経の圧迫が原因で起こる症状を坐骨神経痛といって、特定の原因となる疾患が比較的わかりやすいことから、病院で坐骨神経痛といわれたという方がよくいらっしゃいます。

どの様なことが原因となるかというと、よく聞かれるのが腰椎椎間板ヘルニアというのがあります。
これは背骨を構成する椎体と椎体の間でクッションの働きをする椎間板という軟骨が、後方にはみだしたり飛びだしたりしてしまうことで神経を圧迫して症状を起こしてしまいます。
デスクワークや立ち仕事などの同じ姿勢を長時間続けたり、急に重たいものを持ち上げたりした時に発症する危険性があります。

次に腰部脊柱管狭窄症で、背骨にある脊髄神経が通っている脊柱管が狭くなる疾患です。
脊柱管の狭窄が腰のあたりで発症すると、腰の痛みや足のしびれなどの症状を起こしてしまうのです。
多くは加齢で腰椎が変形して脊柱管が狭くなってしまうことが多いです。

そして変形性腰椎症で、腰椎の形が変形することで神経を圧迫して、腰に痛みや足のしびれを起こす疾患です。
加齢・同じ姿勢を長時間続ける・運動などで腰に過度の負担をかけるなどが発症する主な原因で、脊柱管狭窄症の原因にもなります。脊椎管狭窄症と変形性脊椎症はセットになっていることが多いです。
この3つ以外にも腰椎分離症やすべり症・梨状筋症候群と言った疾患が原因になりますし、外傷による圧迫・帯状疱疹・カリエス・脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍といった腫瘍も原因になります。
また、糖尿病・アルコール依存症・喫煙・ストレスなどが原因で起こる場合もありますし、先にも触れましたがこれらの疾患や原因がなくても発症することがあります。

では、坐骨神経痛の患者さまが気を付けなければならないこととはなんでしょうか?

できる限り重い物を持たない、長時間同じ姿勢をとらない、激しい運動はさけるなど、腰部に負担のかかる動作をしないことです。
また、肥満傾向にある方は減量することで腰部の負担を減らします、低下している体幹の筋力をつけることで改善する方法として考えられることです。ただ原因になっている疾患により改善法が異なるので、医師の指導に従って行うことが大事です。
それから坐骨神経痛の原因となる疾患には、症状が悪化することで歩行困難になったり、座っていられなくなったり、排泄機能に障害が起こったりする重篤な症状を引き起こすものもあります。

安易に自己診断しないで、整形外科を受診し検査をしてもらうことがおすすめです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加