スポーツ傷害でお悩みの方

プロのスポーツ選手も現場で使うファンクショナルカッピング

ファンクショナルカッピングは、現在プロ野球やサッカーの現場で使われることが増え、今後主流になりつつあります。
プロスポーツ選手も受ける手技を受けてみませんか?

  • 首が回らない
  • 肩があがらない
  • 腕が回らない
  • 腰を動かすと痛む

といった症状の方に特におすすめです。
また、お子様がスポーツをされていて、パフォーマンスがなかなか上がらないとお悩みの方や、怪我を予防していきたいと考えている方にもおすすめです。

ファンクショナルカッピングメソッドとは?【押すのではなく吸い上げて癒着をとる】

代表理事の浅野がLAのプロスポーツ選手を診ている中で、アスリートの怪我予防、パフォーマンス改善のための施術としてシリコンカップを使ったファンクショナルカッピングを考案。
動きに敏感なスポーツ選手の関節可動域改善、機能向上に効果的な施術として多くのスポーツ選手から支持を得る。
その技術はさらに多くの方に受け入れられ、今では大人のアスリートはもちろんのことジュニア、そして生活習慣病に悩む方まで幅広い層に指示されるメソッドとなりました。
ファンクショナルカッピングメソッドはより安全で効果的なメソッドです。
従来の癒着している部位を押し流す、という一般的な筋膜リリースではなく、癒着している表層部を吸い上げ、そして深層部を自動または多動運動ことさせることで癒着を剥がす全く新しい発想のメソッドです。

【スカーティシューによる癒着と悪循環】

スカーティシューとは?
簡単に言うと、スカーティシューは壊れた物を修復するために使われる『ボンド』の様な働きをします。
それ自体伸縮性がなく、血行不良を引き起こす原因を作ります。
アメリカのアスリートの間では常用語であり、凝りのようなニュアンスである
スカー: 癒着・瘢痕…組織の損傷・傷などから回復していく過程で構築されるもの(主にコラーゲンによって作られる
ティシュー:組織

全身タイツを思い出してみてください。頭の先から足の先まで包まれています。これがいわゆる筋膜と呼ばれるものです。例えば腰のあたりのタイツを手で掴んでみてください。すると脚や背中のタイツまで引っ張られませんか?多くの場合は姿勢が悪かったり色々な癖があったりすることで筋膜がグーっと引っ張られてしまいその状態で無理すると筋肉、腱、靭帯などに目に見えないくらい小さな傷をつけてしまいます。
この傷を治してくれる物質がスカーティシューです。それ自体伸縮性がなく、血行不良を引き起こす原因を作ります。
また、ボンドのようなものなので周りの組織同士をくっつけてギュっと固まっていきます。
その状態で身体を動かしてみるとスカーティシューが周りの正常な筋膜まで引っ張ってしまうことがわかります。そして無理に動かそうとするとボンドは破けてしまいます。
つまり度重なるスカーティシューの蓄積により他の場所まで影響を与えカラダ全体の動きを制限してしまうのです。

どのような施術か?

特性のシリコンカップを使い、多動運動、自動運動でアプローチします。
従来のガラス製やプラスティック製とは異なり、シリコンカップは柔らかい材質のため骨の上やキワに使うことが可能で、サイズのバリエーションもある為、大きい筋肉はもちろんのこと、従来使うことのできなかった細い筋肉へのアプローチも可能となります。

ファンクショナルカッピングメソッドで期待できる効果

・東洋医学的効果
血流促進、血管拡張、気滞除去、鎮痛、内臓機能、解毒作用、温熱
・西洋医学的効果
筋膜癒着改善、可動域向上、血流促進、組織代謝更新、筋肉痛早期改善

ファンクショナルカッピングは一般社団法人グローバルアスリートサポート協会 の研修に参加し習得した技術です。

http://gasafcm.strikingly.com/