腰痛でお悩みの方

無事出産を終えられた方に産後の骨盤矯正をお勧めしています

産後の骨盤矯正はもうされましたか?
「子供を何人も産んでいるのに、何故あの人はあんなにスタイルがいいの!?」

無事出産を終えられた方に産後の骨盤矯正をお勧めしています

こんなお悩みをお持ちの方は、産後の骨盤矯正がおすすめです。

  • 出産後もスタイルを維持したい
  • 骨盤の歪みを治して、太りやすい体質も改善したい
  • 生理不順、生理痛を改善したい
  • 骨盤の歪みによる腰の痛みを改善したい
  • バストアップ、猫背を治したい

骨盤とは?

骨盤は両足の大腿骨がはまり込むと同時に上半身を支える背骨の土台としての役割も兼ね備えた、上半身と下半身をつなぐ重要な役割を果たしています。
と同時に骨盤は生殖器や内臓を守る役目も担っており、骨盤と骨格・臓器のバランスの崩れは、単にコリや疲れだけでなく全身の不調の原因になりえるのです。
歩行時には足からの突き上げる衝撃を吸収しつつ上半身の重さを支え、大腿骨の結合部に位置していて、両足と胴体をつなぐ股関節とも連動します。
座るときは坐骨の2点で上半身を支えるのが本来の形なのですが、足を組んだり、横座りしたりすると片側で体重を支えることになり骨盤のゆがみの原因となります。
そして立っているとき、座っているとき、歩いているときなど、上半身を起こしているときは常に上半身を支えているので、骨盤が正しい位置にないとバランスが取れず重心が偏ってしまい、下半身ではO脚やX脚、膝や足首の痛み、上半身では腰痛や肩こりの原因になりえるのです。
また先にも説明したように、骨盤の中には生殖器や内臓がありそれらを守り、下から支えているのです。骨盤のゆがみで、内臓を支えることができなくなると、内臓は下腹部に下がってきてしまいぽっこりとおなかが出てしまいます。
そして女性の場合は赤ちゃんを守るという重要な役割もあります。妊娠すると、赤ちゃんの入っている子宮は大きくなり骨盤も開いていきます。出産まで赤ちゃんを守り、支える役割が骨盤にはあります。

骨盤のズレ

骨盤のズレやゆがみは人によって異なり、その人の動きのクセや仕事の姿勢、生活習慣などによって出てきます。ズレやゆがみと言っても骨自体が曲がったり変形したりするわけではなく、骨盤を構成する骨の位置関係が前後左右にずれることで、骨盤が支える骨格や内臓に支障をきたしてしまうことを言うのです。
骨盤は本来左右対称にできていますが、重心が左右に偏った状態を続けると、左右のどちらかに骨盤はズレてしまい均衡が保たれなくなります。
上半身と下半身を支える骨盤が左右不均衡になると、上半身・下半身共に左右のバランスが崩れ足の長さに差が出たり、いつも片方だけ肩がこったりと体の傾きによる症状が出るようになります。
また骨盤は左右差だけでなく前後にもズレが生じます。正常な骨盤をまっすぐとして、骨盤が前に傾いている状態と後ろに傾いている状態があります。また傾きは骨盤の左右どちらかだけが前後に傾いている場合と両方が前後に傾いている場合とがあります。
例えばデスクワークやドライバー等長時間座る仕事の場合は後傾の人が多く、背骨も後ろに丸くなった結果猫背の姿勢になってしまうという様に身体全体に影響がでます。

矯正について

当院の矯正はバキバキと痛そうな矯正ではなく、痛気持ちいいくらいのソフトな施術になっております。また横向きと上向きで行いますので女性の方もお化粧の崩れなど気にせずに受けていただけます。

産後でも骨盤のゆがみが生じます

そのままにしておくと土台である骨盤のバランスが崩れ、腰痛は基より肩こりや股関節痛、なかにはO脚や脚のむくみ、くびれがなくなる等といった美容的な問題を抱える方も少なくありません。

また出産後は、骨盤を固定している靭帯が緩んだり、授乳時の姿勢から骨盤が歪む場合があります。出産後のママの健康のため、骨盤矯正をおこないましょう。
施術内容としては、骨盤矯正の妨げとなる部分の筋緊張を緩め、アクチベーターやドロップベッドという低刺激な機器を使って効果的に全身の骨格矯正を行います。

産後でも骨盤のゆがみが生じます